お知らせ

急性期の症状を見逃したり、過信したりするのは要注意です!!

スポーツをしている上で起こる障害や外傷の事で、打ち身、骨折、捻挫、打撲、脱臼、肉離れ、アキレス腱断裂などさまざまなケガがあります。
怪我の程度も重いものから軽いものまでありますがそのままにしておくと後々に少しの疲労で痛み出したりする、違和感が出るなどの障害が残るときがありますので注意が必要です。
また日常生活でも繰り返し同じ動作をすることによって筋肉に痛みが出る事があります。

スポーツ障害の障害例

野球肘
過度に繰り返される投球動作が誘引となって肘関節の軟骨部分・靭帯部分・筋や腱の付着部などが障害を受けて発症するスポーツ障害です。

オスグッド病
脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて痛みがでてきます。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。スポーツを始めると痛みが再発します。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後に下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に慢性的な痛みが起こります。鈍痛なのが特徴です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)
ジャンプやランニングなどによって膝を伸ばす動作を繰り返し行うことで、膝蓋骨と脛骨をつなぐ膝蓋靱帯が炎症を起こし、痛みを呈する疾患です。

 

 

これらの症状は、特に成長期のお子様や青年期において多発しております。

適切な治療を専門家が迅速に行うことによって、その後のスポーツ復帰や競技能力・パフォーマンスの向上が見込めます。

もし、少しでも違和感や痛みなどがある場合はすぐに中央区勝どき、月島、豊海エリアのF.C.C.勝どき治療院までご相談ください。

F.C.C.勝どき治療院情報

F.C.C.勝どき治療院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.勝どき治療院
所在地 〒104-0045 東京都中央区勝どき2-9-14 勝どき富永ビル5F
電話番号 03-5144-0200
休診日 日曜/祝日
診療時間 月~金10:00-21:30 土曜日10:00-18:00
アクセス方法 【電車】大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩0分
診療時間
09:00~21:00 18:00